接客や営業、家電量販店・携帯販売(docomo・au・SoftBankなど)のバイト求人情報満載

履歴書の書き方

アルバイトや就職・転職に必要となることの多い履歴書。
あまり書く機会もないので、書き方がわからないという方も多いのではないでしょうか。
履歴書を書く時の注意点や、記載する内容に関して解説していきます。

履歴書とノートパソコン
履歴書

はじめに

  • 丁寧に書く

    誤字脱字に注意し、手書きの際はなるべくきれいな字で記載しましょう。
    また、学校名や企業名などの固有名詞は、省略せずに正式名称で記載しましょう。

  • 黒のボールペンで記載する

    鉛筆やシャープペン、消せるボールペンなどでの記載はやめましょう。

  • 修正テープや修正ペンを使用しない

    上記同様、正式書類に修正テープや修正ペンの使用はやめましょう。

①基本情報

名前や写真は、面接担当者が一番初めに目にするところです。
丁寧に記載されていることや、写真の印象などは重要です。

  • 日付

    日付は面接日(郵送の場合は投函日)の日にちを記載します。
    西暦でも和暦でも構いませんが、すべて統一するようにしましょう。

  • 連絡先

    住所や電話番号・メールアドレスは選考連絡において必要な情報です。
    メールアドレスの記号などの細かい情報まで正確に記載しましょう。
    また、住所の番地やアパート名なども、省略せずに正式なものを記載します。
    【1-2-3】などに省略はせず、【1丁目2番3号】としましょう。

  • 写真

    写真は基本的にはスーツで撮影しましょう。
    アルバイトなど私服で差し支えない場合も、カジュアルすぎる服装は避けましょう。

②学歴・職歴

    • 学歴

      一行目の中央に【学歴】と項目を作り、高等学校以降の入学・卒業の年月を記載します。
      学校名や学部・学科名は省略せずに記載しましょう。
      入学・卒業の年は、和暦・西暦いずれかに統一します。

    • 職歴

      学歴の最後の行から1行あけて、中央に【職歴】と項目を作ります。
      学歴同様に入社・退職の年は、和暦・西暦のいずれかに統一します。
      時系列に沿って、過去のものから記載していきましょう。
      その際、会社名は省略せずに記載し、事業内容・従業員数や、自身の配属部署・簡単な業務内容も記載します。
      直近の会社の内容を記載したら、最後に【現在に至る】と記載し、右側に【以上】と記載します。

  • 記入例:履歴書の学歴と職歴
    • 雇用形態について

      契約社員・派遣社員などの正社員以外の雇用に関しては、()書きで記載します。

    • 退職理由について

      基本的には、【一身上の都合により退職】と記載します。
      ただし、会社の経営不振などの会社都合での退職に関しては、【会社都合により退職】と書いたほうが良いでしょう。
      また、契約社員や派遣社員などの有期雇用契約で、契約満了による退職の場合には、【契約期間(派遣期間)満了につき退職】と記載します。

③免許・資格

    【〇〇免許 取得】もしくは【〇〇検定 合格】と記載します。
    学歴や職歴と同様に、時系列に沿って記載するのが基本ですが、書ききれない場合は、応募するお仕事に関係するものを選んで記載します。

    記入例:履歴書の免許と資格

④志望動機・自己PR

なぜその会社を志望したかや、自分が入社した際に活かせるアピールポイントを記載します。
応募先企業の事業内容などをしっかりと理解した上で、なぜ他社ではなく応募先企業を選んだかということを明確に記載しましょう。
また、応募先企業で自分の経験や能力をどのように活かせるかをPRしましょう。

⑤通勤時間・扶養家族情報

  • 通勤時間

    自宅から応募先企業までの最短時間を記載します。

  • 扶養家族情報

    該当するものに〇をつけます。

⑥本人希望記入欄

特に希望がない場合は、【貴社規定に従います。】と記載します。
職種の希望を【〇〇職を希望します。】と記載してもよいでしょう。
給与・待遇などの希望は、ストレートに記載せず面接時に相談するのが一般的です。

最後に

履歴書に記載した内容と、面接で話す内容に相違がないよう、書いた内容をしっかりと読み返し、面接対策をすることも大切です。
またバックスグループでは、履歴書不要でお仕事を始められるので、お気軽にお問い合わせください。